-->
自賠責保険という保険は正式には自動車損害賠償責任保険通称自賠責保険とよばれる保険です。このような自賠責保険は通称、強制保険と言われ、愛車を定期車検に通すときには決まっている車検の期間に効力のある自賠責保険に入っていなければなりません。言い換えれば、全ての自動車が加入していなくてはならないものです。それでは自動車に自賠責保険が付いた状態で手放した際にはどうなるか考えてみたいと思います。強制保険(自賠責保険)は車検時に更新されるケースが多々存在しますが、もし自賠責保険が付いたままのクルマを売却した時は、その金額が返還されるということはなかなかないと思います。なぜならば、自賠責保険を一旦抹消して、次の保有者に入れ替える作業は少なからず面倒くさいのです。そのため自動車損害賠償責任保険の場合は名義を変えて自動車とともに手放すというのが基本です。しかしその代わりの額を代金に足してくれます。自賠責保険というのは自動車税と違って、支払った額を月単位で割り算した額が返還されるやり方ではなく見積額に乗っけるといった方法を使うのが基本ではありますがこういったことが見積もりシートに掲載されるようなことは珍しいです。なので車買取のときには強制保険の金額が見積額に反映されているかを注意してください。納めた保険料がいくらかだけでも頭に入れておけば、間違いはないです。その自賠責保険にかかる料金については契約期間によって異なるため注意が必要です。クルマの乗り換えの時には保険の名義書き換えをしましょう。もし名義書き換えをしないままにしていたら保険の提供元からあなたに保険期限の満了お知らせが来てしまいます。車が多少でも無駄なく売れることを応援させて頂きますね。

Link

Copyright © 1997 www.zdspark.com All Rights Reserved.