-->
換金を目的にして電車の乗車チケット等を複数枚購入すること→クレジットカードキャッシュ化サービスというもの使用しないで、自身で換金する目的でクレカ利用をするというのも同様です。換金するのを意図したクレカの利用というのは、クレジットカードの契約内容違反と見做されるため。大量の列車等の乗車券や切手通販においてのクレカ使用をすると、時として現金化する目的なのではないか??などとマークされる可能性なども考えられるため、十分な注意を要します。さらに、すでにキャシング利用額の方がいっぱいになられてしまっているクレカの場合列車等の乗車チケットなどを購買することにトライする瞬間にクレジットカード会社の担当者から確認が入ってしまう事例があるので金欠時の決済は不可となっている模様。金銭的に問題がある時に企む内容はたいてい、同じようなことであるのでしょう。カードの会社に対して問題な使用法をしてしまう>だいぶ前に話題になった『永久期間』といったクレジットカードの発行会社に全然プラスとならないルールに違反した取引を行った場合、クレジット発行会社の判断で失効という処理がされる事実もあるようです。ネットに出ていたクレジットポイントの不正入手等の世間に流通していない方法などというものがある場合でもそんな行為は規約に反する行為となるのでどんな理由があっても行わないようにしないほうがよいでしょう。失効に関する個人情報については他のカード会社へ流れる:クレジットカードを強制退会させられてしまった場合でもほかのクレジットカードを使用できるんだから一つくらいであれば心配ないんじゃない??と思った人は、情報流通社会では身を滅ぼすことになる可能性もあるでしょう。なぜなら、没収扱いとなるケースにおいてはカードの会社から問い合わせ出来てしまう信用情報機関へそういった契約情報が通達されるから契約者の信用力が地に落ちる場合があるためです。いずれかたったひとつであっても強制退会となると、他のクレカまでも審査が厳しくなってしまうようですし、さらに別の有しているクレカも没収扱いになるケースもあり得るのです。強制退会とならずに継続利用できるケースでも使用期限満了になると使えなくなると考えられます。とにかくしつこいほど記載しましたが失効となるような使用はまずなさることのないよう規約に則ってクレカを使って頂きたいと思う。

Link

Copyright © 1997 www.zdspark.com All Rights Reserved.